競馬予想会社の元社員が送る、競馬コラム!

競馬回顧録 〜結果を振り返って注目の馬・レースなど.1〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【【11月30日(土)】】

 

 

 

 

中山2R

 

 

2人気→4人気→12人気の決着で3連複363倍。

ポイントは3着のカガグレイハートが拾えたか否かだと思います。

 

 

過去4走はいずれもそこそこの時計で決着したレースばかりで、

凡走を繰り返していましたが、そこまで早くないはずの暮れの中山開催。

 

 

時計がかかることでの変わり身に期待できます。

また鞍上も内枠得意の大野騎手に乗り替わり。

 

 

この2点に気付くことが出来て押さえておければ、

300倍超の美味しい配当にありつけたかもしれません。

 

 

 

 

 

阪神7R

 

 

勝ったのはブエナビスタをはじめ、ジョワドヴィーヴル、

アドマイヤオーラ、トーセンレーヴらを兄姉にもつサングレアル。

 

 

スタートして行き脚がそんなに良いわけではなさそうでしたが、

直線だけで突き抜けて着差以上に強い内容での勝利。

 

 

まだまだこんなところでは余裕が感じられました。

 

 

血統的な裏付けもありますし、

関係者はもちろん大きなところを狙っているでしょう。

出てくる度に注目です。

 

 

 

 

 

中京8R

 

 

1人気→3人気→14人気の決着で3連複232.4倍。

 

 

1着2着はほぼ順当ながら、

3着トミケンスラーヴァが14番人気で高配当を演出。

 

 

この馬は未勝利はダートで勝ち上がりましたが、

昇級して芝を試したところ末脚が見所ありでした。

 

 

福島では休み明けで距離も長いということがあり惨敗でしたが、

東京・新潟で好走している実績からどうやら左利き。

 

 

そこまでわかれば、

今回左回りの中京は狙い目だったはずと気付けたと思います。

 

 

今後も左回りで2000mまでなら押さえておきたい1頭です。