競馬予想会社の元社員が送る、競馬コラム!

競馬回顧録 〜〜結果を振り返って注目の馬・レースなど〜.2〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【【12月1日(日)】】

 

 

 

 

中山11R

 

 

3着のミッドサマーフェアに注目です。

 

 

3歳春にはG2のフローラ賞を勝ち、オークスでは1番人気にもなり、

夏にはクイーンSで軽ハンデだったとはいえ、

古馬に混じって3着と健闘しチカラのあるところをアピール。

 

 

ここ近走は自慢の末脚が不発に終わっていましたが、

今回は鞍上の蛯名騎手がそれならばと、

出遅れた馬よりも更に後ろから進める作戦に出ました。

 

 

普通なら後ろからでダメなら前に行ってみようと思いがちですが、

蛯名騎手はこの馬を信じ、「末脚をもっと活かすには?」

と試行錯誤したのだと思います。

 

 

結果的には脚を余しての3着でしたが、

強いミッドサマーフェアの復活が窺える3着でした。

今後も要注目だと思います。

 

 

 

 

 

阪神9R

 

 

勝ったのは北海道競馬から移籍したばかりの、

”ランウェイワルツ”。なんと単勝オッズは153倍でした。

 

 

地方出身だからというだけで評価が下げられていたので、

盲点になっていたことは間違いないでしょう。

 

 

休み明けで体重も+18kgでしたが、

太め感もなくキッチリ仕上げられた印象で気合も充分でした。

 

 

中央の流れにも問題なく乗れていて、

直線の伸びはスパっと切れるわけではなく、

ジワジワ伸びる重戦車型で安定感抜群。

 

 

これは大物の可能性もあります。

 

 

 

 

 

中京12R

 

 

2着のジョーアカリンはなかなか勝ちきれない馬ですが、

常に好走する優等生タイプ。

 

 

後ろからいく脚質なので取りこぼしも多いですが、

なかなか人気にはなりにくいので、今後も、

余裕があるようなら、常に馬券の端っこに押さえておくと、

美味しい思いをすることが、ありそうです。